2013年09月19日

中秋の名月

今日は天気が良く、真ん丸なお月さんが
見られました。
中秋の満月ということで、撮影してみました。
すごく明るくて、手持ち撮影でも何とか見られます。
2013年中秋の名月.jpg
posted by acanthogobius at 21:19| Comment(0) | 未分類

2009年03月22日

こんな椅子ができました。

久しぶりの椅子が完成しました。

初めての事が多い椅子でした。
その意味では実験も兼ねたような椅子になりました。
ブラックウォールナットで椅子を作るのは初めて。
ペーパーコードを使うのは初めて。
傾斜ホゾの多い椅子も初めて。

本体はブラックウォールナット、背のスポークは
ソノケリンを使ってみました。
比較的細身のスポークで尚且つカーブしているために
強度と粘りのある材にしました。
ホワイトアッシュやメープルなどの白っぽい材で
スポークを作ることも考えましたが今回は本体と
同系色にしてみました。

スポークのある椅子にペーパーコードをどのように張って
いったら良いのかも迷いましたがスポークの部分は避けて
張るような形になりました。

ペーパーコードから受ける張力を受け止めるために
各部材のサイズをどの程度にするべきかも迷いましたが
これも今後の良い経験になりそうです。

ペーパーコードを実際に張るのは初めてだったために
やはりちょっと張り方が緩いようです。
今後の改善点です。

全体のフォルムも細かい部分で再検討してみようと思います。
チェア0001.jpg
posted by acanthogobius at 10:51| Comment(8) | 未分類

2008年01月02日

定盤研磨


皆様明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。




さて、昨年11月に購入した軸傾斜丸鋸盤ですが使い始めてから

定盤の平面が出ていないことに気がつきました。

事前に確認しなかったのが悪いのですが定規を当ててみると

刃口の右側が一番減っていて1ミリ位下がっていました。

定盤の右側に送り装置を取り付けた穴が開いていて

送り装置を使った加工が行われていたようです。




定盤の鋳物が歪んだものか、長年の送り装置による

加工で鋳物が摩耗したものか不明ですが精度のある

加工ができないのでフライス研磨してもらうことに

しました。




研磨前と後の写真を載せてみます。

肉眼では良く分かりませんが平面が出るようになりました。

定盤の研磨に伴って、そのままでは三日月定規のバーの頭が

出てしまうのでバーの方も同じだけ研磨してまらいました。




今回は余計な費用がかかってしまいましたが機械購入の時の

チェック項目など勉強になったこともありました。

今年も加工精度の向上に臨みたいと思います。




posted by acanthogobius at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類