2019年01月14日

ご無沙汰していました。今年もよろしくお願いします

11月頃から家族の事で色々あってご無沙汰していました。
今年もよろしくお願いします。
工房には通っていましたが、作業時間も短くブログの
更新が滞ってしまいました。
今後は作業時間も長く取れるようになると思われます。
ウィークエンド木工には違いありませんが。

新木場 丸万から購入したブラックウォールナットを
使って、定番のチェストを作っています。
しばらく木材を買わない間に大分値上がりしてしまって
います。
まあ、商売にしている訳では無いのですが展示会に
出品する時の価格設定を見直さないと、手間賃が出ない
という笑えない状態になりそうです。
やはりブラックウォールナットは高いですね。

鏡板の板矧ぎの状態
jan.14.2019-1.jpg

框の準備を進めています。
jan.14.2019-2.jpg

引き出しの側板に使っていた桂の手持ちが無くなって来ました。
同じく新木場の丸万に問い合わせた所、朴の木の薄板
なら在庫があります、とのことでしたので購入しました。
jan.14.2019-3.jpg


posted by acanthogobius at 20:24| Comment(2) | 木工生活

2018年10月14日

八街で材木店探し

今年の展示会も無事に終わりました。
この時期は毎年暑い日と寒い日があったり
台風が来たりと季節の変わり目を感じます。

期間中、定番チェストの注文を受けました。
材料はウォールナットです。
ところがウォールナットの手持ちは既に
無くなってしまっていて、新たに調達する必要が
出て来たのです。
今までは大阪や名古屋の材木店から送ってもらうことが
多かったですが、運送や受け取りに問題がある事が多く
工房近辺で材木店を探していました。

ネット上を探していた所、新木場の丸万木材さんが
八街に材木置き場を持っていることが分かりました。
さらに広葉樹を幅広く扱っているようでした。
早速連絡を入れて、土曜日に訪問して来ました。

34ミリ厚の板目のウォールナットがありました。
ちょっと色が薄いような気もしますが、最近は
こんなもんでしょうか?
自家製材、自家乾燥との事でした。
多分、これを購入することになると思います。
oct.13.2018-1.jpg

倉庫の中は在庫でいっぱいです。
在庫が多いのか、倉庫が狭いのか。
oct.13.2018-2.jpg

土場にも多くのストックがあるようでした。
oct.13.2018-3.jpg

他にも自家製の乾燥機などを見せてもらいました。
製材は新木場の本社で行い、乾燥と在庫は八街で
というシステムのようでした。
今後も時々訪問したいと思っています。

posted by acanthogobius at 09:53| Comment(0) | 木工生活

2018年09月22日

今年も展示会が始まっています

ご無沙汰していました。
ブログ掲載の間隔が長くなっていますね。反省。

例年の通り、9月20日から印旛の家ギャラリーでの
展示会が始まっています。30日までです。
今日は1日ギャラリーに詰めていました。
面識の無い方が安くないお金を出して私の家具を
買っていただける、一期一会を感じずにはいられません。
sep.22.2018-1.jpg

展示会間近になって悪あがきのようにして
作ったペン立てです。
メガネを入れたり、リモコンを入れたり出来ます。
材はマホガニー、補強のための契りはウォールナット。
sep.22.2018-2.jpg

posted by acanthogobius at 19:52| Comment(3) | 木工生活

2018年08月20日

夏休みも終わりました

ご無沙汰していました。
いつの間にか前回の投稿から随分経ってしまいました。
そろそろ夏も終わりに近づいて来ましたが
今年は工房周りの昆虫達が少ないようです。
やっと見つけた虫達を紹介しておきます。
aug.18.2018-1.jpg

aug.18.2018-2.jpg

以前、途中まで作ってミスに気が付いてお蔵入りして
いたチェストを完成させて見ました。
オスモのエクストラクリアーを1回塗った状態です。
もう一度ノーマルクリアーを掛ける予定です。
本体は山桜ですが、天板と引き出しは樺の類の
ようです。やはり引き出しを6杯作るのは結構な
時間が掛かりました。
aug.18.2018-3.jpg
posted by acanthogobius at 21:29| Comment(0) | 木工生活

2018年06月04日

今年はポルシェにしました

去年はローバーミニを買ったので今年はポルシェを買いました。
そうです、小林広司さんが作る木の車です。
仕事の合間を見て、銀座松屋で行われていた
作品展に行って来ました。
一木のケヤキから削りだした車の塊感や重量感は
写真では中々伝わりませんが、細かい所まで良く
出来ています。
15センチほどの大きさの中にデフォルメしながら
名車の特徴を良く表しているのに驚きます。
jun.4.2018-2.jpg

jun.4.2018-3.jpg
posted by acanthogobius at 21:05| Comment(2) | 木工生活

2018年04月01日

桜もそろそろ散り始めました

今回はまず桜の写真からです。
職場のある江東区の周辺から
apr.1.2018-1.jpg

apr.1.2018-2.jpg

こちらは工房敷地内の山桜。
ソメイヨシノのような派手さはありませんが、こちらは
小さな葉っぱも一緒に出て、これはこれで良いです。
apr.1.2018-3.jpg

さて、しばらく前にこんな物を購入していました。
自在溝切りカッターと呼ばれる物です。
apr.1.2018-5.jpg

ダイヤルを設定する事で溝幅が変えられるように
なっています。
丸ノコ刃が幅方向に揺れながら回るように
なっていて、その揺れ幅をダイヤルで調整する仕組み。
apr.1.2018-6.jpg

このダイヤルが回転中に動いてしまうと、途中で
溝幅が変わってしまって、さらには危険なので
押さえフランジ(通称マンジュウ)でしっかり
押さえたいのですが、私の軸傾斜の昇降盤では
写真のようになってしまってナットを取り付ける
スペースが残りません。
apr.1.2018-7.jpg

仕方なく、ワッシャーを新たに購入して
取り付けて見ました。
とりあえず取り付きました。
今回はこれで裏板用の溝を切りましたが
ダイヤルが動いてしまう不安を抱えたままです。
さらに、ノコ刃が左右に揺れながら動くので
フェンスからノコ刃までの距離を設定するのが
難しく、試し切りを繰り返しながらの設定で
慣れが必要でした。
一枚で2.8ミリから23ミリまでの溝が切れる
という宣伝につられて買ったのですが
安物買いの銭失いだったかもしれません。
apr.1.2018-8.jpg

最後にチェストの進捗です。
鏡板が薄くなってしまって強度的にちょっと不安が
あったので、鏡板裏側に桟を追加して裏から鏡板を
支える構造にしました。この桟が引き出しの振れ止めも
兼ねています。
この桟は表からは見えないのであり合わせのウォールナット
を使用しました。
apr.1.2018-4.jpg
posted by acanthogobius at 11:41| Comment(3) | 木工生活

2018年02月18日

寒い日が続いています

年明け早々インフルエンザに掛かってしまいました。
結局1月は10日ほど働いただけでした。
タミフルを処方されたのですが、ダラダラと熱が
続いて長引いてしまったのでした。
熱が出たのは十数年ぶりでしたが、やはり歳と共に
体へのダメージは大きいようでした。

その後、母の49日の法要を済ませました。
今までのように母の事を気にしながら施設に見舞いに
行くという生活は変わりましたが、少しずつ日常に
戻りつつあります。

できるだけ工房へも通うようにしています。
昨年から取り掛かっているマホガニーのチェスト
の経過報告の写真です。
feb.17.2018-1.jpg

feb.17.2018-2.jpg
posted by acanthogobius at 11:10| Comment(0) | 木工生活

2017年12月03日

ちょっと寄り道

時間と労力の掛かる木工が停滞ぎみの中
ちょっとオーディオの方に寄り道してしまいました。
オーディオ機器の購入は本当に久しぶりです。
と言うのも、働き始めて間もない20代の頃
当時勤めていた会社にクラッシックCDの売り込みが
ありました。
当時は確か土曜日も仕事だったので、土曜日の午後
だったと思いますが、興味本意で社員数人でそのCD
の販売員の話を聞くために、6階の食堂に集まりました。

クラッシックCD100枚のセットの販売でした。
話を聞く内に、自分用が半分、母へのプレゼントが
半分という気持ちで契約したのでした。
もちろん、20代でしたので、お金も無く月賦払い
だったと思います。

そのCDはまだ家にあり、私も聞き、母も聞きで
まあ、当初の目的は達したのですが、最近それを
また、聞き直して見ようかと言う気持ちになりました。
そこで、そのCD100枚をパソコンを使ってUSBメモリー
に落とす作業を始めたのでした。
話が長くなりましたが、USBメモリーに入った曲を聞く
ために購入したのがこちら。
dec.3.2017-1.jpg

所謂USB-DACと呼ばれる物です。
USBメモリーの中の曲をスマホまたはタブレットからの
操作で選曲できるのはもちろんですが、パソコンに保存した
曲を直接聞くこともでき、さらにネットワークオーディオにも
対応しています。
上に乗っているのはヘッドホンアンプ。
まあ、しばらく寄り道ができるでしょう。

木工も続けています。
マホガニーの木取りを進めています。
やはり、材によって色調の違いが分かって
来ました。
最後にどうなるか楽しみでもあります。
dec.3.2017-2.jpg



posted by acanthogobius at 15:16| Comment(4) | 木工生活

2017年10月09日

今年も展示会を終える事が出来ました

もう10年以上続けている「印旛の家ギャラリー」での
展示会が今年も終わりました。
その間、私の生活環境も変わり、木工の参加メンバーも
変わって来ました。
結局今年は木工の参加は私一人になってしまいましたが
私生活でも色々と制約が多い中、ギャラリーの主人の
助けもあり、何とか無事終了する事が出来ました。
ちょっとホッとしているこの時期ですが、次へ向けての
計画を練りたいと思っています。
oct.9.2017-1.jpg

さて、話題が変わりますが、iMacを更新しました。
前のモデルは2011ですので6年間使って来ました。
特に不具合は無かったのですが、OSをSierraに更新してから
CPUの問題か、メモリーの問題か、やはり少し動きがモッサリ
した感じになりました。
ニューモデルが発売されたこともあり、更新を決断した次第です。
同じく21.5インチモデルです。
タイムマシンからのデーター移行は問題無く済みましたが
ソフトによっては再度ライセンス認証が必要だったりで
通常通り使えるようになるには、もう少し掛かりそうです。
oct.9.2017-2.jpg
posted by acanthogobius at 19:52| Comment(0) | 木工生活

2017年06月25日

木工の時間が少ない日

梅雨の晴れ間というか、梅雨入り後あまり
雨は降っていませんが、晴天で結構暑い中
工房に向かいました。
前日、通販で購入した植木が届いたので
暑い中植え付け作業をしました。
今度はブラックベリーです。
結構大きな苗で、既に実が沢山付いています。
黒く熟した物を食べて見ましたが、種が大きく
ジャム向きの感じです。本格的な収穫は来年だと思います。
jun.24.2017-1.jpg

午前中、ブラックベリーの植え付けが終わって
午後からチェストの木工作業です。
やっと側面の框が出来上がりました。
jun.24.2017-2.jpg

工房の近くに喜三郎さんという古民家を使った
ギャラリーがあります。
木工仲間の佐々木さんの紹介で6月22日から24日まで
佐々木さんの作品と一緒に私の作品も2点ほど展示させて
いただきました。黒柿の小引き出しと掛け時計です。
24日は最終日でしたので、夕方残った作品の引き取りに
出向きました。会場の雰囲気をお伝えしておきます。
jun.24.2017-3.jpg

いちはらさんの小物作品。
針葉樹を使った小物を作られているそうです。
jun.24.2017-4.jpg

他にも色々な作品が所狭しと展示されていました。
jun.24.2017-5.jpg
posted by acanthogobius at 10:47| Comment(0) | 木工生活

2017年06月04日

小林広司 作品展

工房作業の方は少しずつ進んでいますが
記事に出来るほどの進捗がありませんでした。

6月2日金曜日の昼休みに仕事を抜けて
松屋銀座で行われている作品展に行って来ましたので
その報告です。
20年以上前、オークヴィレッジのセミナーに参加していた
頃、ご一緒した小林広司さんが、その後、木の車を作って
それを仕事にされているのを知ったのは数年前でした。
今回、松屋銀座で5月31日から6月5日まで行われている
作品展の案内葉書を頂いたので、拝見して来ました。

7階の座のステージというスペースに30台位の木の車が
並べらていて、小林さんが常駐されていました。
小さい物で12−13センチ、大きな物は30センチ以上
あるでしょうか。
もう既に売約済みのシールの貼られた作品も多くありました。
以前から1台は欲しいと思っていたのですが、小林さんと
しばらくお話をさせていただき、ミニモデルが欲しいと
話した所、ミニモデルは2台あるので、持ち帰りいただいて
構わないということでしたので購入して持ち帰りました。
因みに、¥38,000(税抜き)でした。
こちらが小林さんのブログです。

購入したミニモデルの写真を紹介しておきます。
大きさは約15センチ、ボディの材はケヤキ。
全体が分かり易いのこの写真ですね。
見た目良く出来ているのはもちろんですが
手に持った時の感触が秀逸ですね。
これは、私が普段作っている家具では得られない感覚です。
決して安くはありませんが、購入して良かったと思います。
jun.3.2017-1.jpg

でも、一番格好良く見えるのは、やはりこのアングルですね。
jun.3.2017-5.jpg

前、後、斜め後のアングルも紹介しておきます。
jun.3.2017-2.jpg

jun.3.2017-4.jpg

jun.3.2017-3.jpg

posted by acanthogobius at 15:03| Comment(2) | 木工生活

2017年04月23日

桜も終わって新緑の季節

関東地方では桜が咲き始めた途端に暖かくなって
あっと言う間に散ってしまいました。
今年は桜の写真を撮り損ねました。
暖かくなって昆虫達も動き出したので
工房周辺の花と昆虫です。
なお、名前については一応調べましたが
外れているかもしれません。

ヘビイチゴの花、直径1センチほど
apr.22.2017-1.jpg

ニホンカワトンンボまたはアサヒナカワトンボ
イトトンボのように翅を閉じて止まっているが
イトトンボより少し大きい感じ。
2枚の写真は同じ種類だと思うが翅の模様が少し違う。
雌雄による違いか?
一枚の写真は餌の虫をくわえている。
もう少し絞って翅にもピントが来るようにしたかったです。
今後の課題。
apr.22.2017-3.jpg

apr.22.2017-2.jpg

ツバメシジミ
翅の後ろに小さな突起があってツバメの尻尾の
ようなので、突起のあるシジミチョウにはツバメ
の文字が付いているらしい。
こちらも、もう少し絞るべきでした。
apr.22.2017-4.jpg

本題の山桜のチェスト
やっと本体が組み上がった。
脚のテーパーがもう少しきつくても
よかったかな?
写真ではテーパーが付いていると言われないと
分からないですね。
apr.22.2017-5.jpg
posted by acanthogobius at 14:49| Comment(0) | 木工生活

2017年03月26日

春は名のみか?

当地では桜に先駆けて先週辺りからコブシが
咲き始めましたが、寒い日が続いたためか
一週間経っても咲きそろいません。
工房前の山林のコブシを撮影してみました。
mar.25.2017-1.jpg

mar.25.2017-2.jpg

山桜のチェストはボチボチで、あまり報告できるような
進捗がありません。
mar.25.2017-3.jpg

普段使っているサンドベーパーの240番の在庫が
無くなってしまいました。
180番と320番はまだ少し残っていましたが
各100枚購入することにしました。
木工教室に通っている時から使っているタイプですが
大源商会さんに問い合わせしたところ、在庫は無いが
取り寄せ可能とのことで、価格も手頃だったことから
送ってもらいました。
mar.25.2017-4.jpg
posted by acanthogobius at 10:57| Comment(2) | 木工生活

2017年01月29日

100均クランプ

私はスバルのフォレスターに乗っているのですが
昨年末、リコールのハガキが届きました。
ベアリングに問題があり、ウォーターポンプを
交換する必要があるとのことでした。
1泊2日修理に必要だと言われたので、土曜日しか
持って行けない、代車も貸して欲しいと言ったところ
1月28日まで待たされることになり、工房へ向かう
途中、スバル自動車に車を預けて、代車の軽自動車で
工房へ向かいました。
軽自動車でもちゃんと走るのですが、エンジン能力
いっぱいいっぱいで走っている感じですね。

その軽自動車で工房へ向かう途中、OYA-Gさんの
ブログにあったクランプを探しにダイソーへ寄りました。
有りました、200円の200ミリのクランプ、5本買いました。
ところが、工房へ着いて確認してみると数年前から
使っているダイソーで購入したクランプがやはり
200ミリであったことが判明しました。
OYA-Gさんが使っていた100円の100ミリのクランプ
とは違うようです。
さらに、フトコロは60ミリあり、今回の物より
10ミリ長い、さらにバーも一回り太い物が
使われていました。
いくらで買ったのかは忘れてしまいましたが、多分
200円だったのでしょう。
写真右側2本が今回購入した物、左側3本が
以前から使っている物。
まあ、クランプは多い分には問題ありません。
jan.28.2017-1.jpg

山桜のチェストの続き。
棚口の框を三枚組んだ所で時間切れとなりました。
撮影のために並べてみました。
組むのに力を必要とする場所ではポニークランプを
使うことが多いですが、このような場所では最近
この手のクランプを使っています。
上下左右の直角を調整しながら組むのに、この方が
調整がし易いような気がしています。
jan.28.2017-2.jpg

posted by acanthogobius at 11:24| Comment(2) | 木工生活

2016年12月30日

年内最後の工房行き

28日で仕事が終わったので、昨日は工房へ
向かいました。
特別、工房の中を掃除する訳でも無く
作業スペースを確保しただけで
次の作品の準備を始めました。

定番のチェストを作るつもりですが
ウォールナットもソノケリンも既に手持ちの材が
無くなってしまって、工房内を見渡した所
山桜でなんとかなりそうな事が分かり
外に保管してある材を引き出したりしながら
木取りを始めました。
これで、年内の作業は終わりです。
dec.29.2016-1.jpg

何となく世の中がザワザワとし
先の見通せない不安感が充満しているように
見えます。
個人的にも親の状態を心配しつつ
新しい年は年男となります。
親の心配をしている間にそろそろ
自分の心配をする歳になりつつある訳です。
そんな中でも、一年間木工を続けられた事に
感謝しつつ、新しい年も楽しみを見つけられれば
と思っています。
皆様、良い年をお迎えください。
dec.29.2016-2.jpg

posted by acanthogobius at 12:06| Comment(0) | 木工生活

2016年12月25日

ちょっと撮影してみました

黒柿の小抽斗が完成し、カメラも代わったこともあり
ちゃんと撮影してみました。
dec.24.2016-4.jpg

これだけでは大きさが良く分からないので
比較の対象として眼鏡を乗せてみました。
横18cm、高さ25cmほど。
dec.24.2016-5.jpg

冬点描
dec.24.2016-1.jpg

栃の冬芽
dec.24.2016-2.jpg

栃の冬芽、凍結防止のためでしょうか表面がワックス
のような物で覆われていて、ピカピカ光ってます。
dec.24.2016-3.jpg
posted by acanthogobius at 20:22| Comment(2) | 木工生活

2016年10月12日

展示会も終わり、季節が進みます

今年も展示会が何とか終わりました。
私があまり展示会場に足を運ぶことが
できなかったり、仲間が病気入院して
しまったりと、色々ありましたが
終わって、今はちょっとほっとしています。
毎年そうですが、この展示会が終わると
季節が進み、一気に秋へと進んで行きます。

また、ゆっくりと作品作りに戻りたいと
思っていて、黒柿を加工しています。
あまり幅が広くない板なので、2枚を
剥いでみました。
やはり独特の模様ですね。
少しずつ進めて行きます。
oct.8.2016-1.jpg
posted by acanthogobius at 21:39| Comment(0) | 木工生活

2016年09月25日

展示会が始まっています

9月20日から展示会が始まっています。
天気が悪い日が多く、お客さんの出も気になる
所ですが、少し紹介しておきます。
sep.24.2016-1.jpg

sep.24.2016-2.jpg

sep.24.2016-3.jpg

今回は福祉作業所で障害のある方が作ったり
染めたりした作品も一緒です。
sep.24.2016-4.jpg

工房に戻って、黒柿を加工してみることにしました。
先日、時計を取り付けた物とは別の黒柿のブロック。
板にしてみようと思います。
sep.24.2016-5.jpg

バンドソーで挽き割るためにテンションを掛けて
いつものように、ホイールを手回しした所
ホイールのゴムタイヤがバラバラと落ちてきました。
劣化してしまって、ポキポキ折れるような状態。
sep.24.2016-6.jpg

替えのゴムタイヤを先日、Lee Valley社から買っておいた
ので助かりました。
お湯に浸けて柔らかくして、何とか取り付きました。
sep.24.2016-7.jpg

黒柿を4枚の板にしました。
厚みは13mmほど。
一部に、黒柿独特の蜘蛛の巣状の模様が
現れました。
さて、どうなりますか。
sep.24.2016-8.jpg
posted by acanthogobius at 10:24| Comment(0) | 木工生活

2016年06月26日

ちょっと買い物

ぼちぼち木工やってます。
先日、木工仲間の佐々木さんの紹介で展示会に
飛び入り参加させていただきました。
こういう形の展示会もあるんだな、という印象でした。
詳しくはハートウッド工芸のブログに詳しいので
そちらに譲ります。

さて、また前回と同じような置き時計を
作り始めました。
jun.25.2016-1.jpg

今回は時計のムーブメントをLee Valley社から取り寄せる
ことにして、他にも数点注文したので、紹介してみます。
まず、時計ムーブメント、ちょっと派手ですね。
jun.25.2016-2.jpg

温度計と湿度計。
ゴールドだと文字盤の視認性が今一ですね。
シルバーにすれば良かった。
それと、これは私のちょっとうっかりですが
温度表示が華氏がメインで摂氏はサブでした。
まあ、摂氏も表示はしてあるので大丈夫でしょう。
jun.25.2016-3.jpg

左はTitebond III
最近は国内でも普通に販売されていますが
ついでに注文、という感じです。
右は14インチバンドソーの交換用の
ゴムタイヤ。
切れた時、慌てないように購入です。
jun.25.2016-4.jpg

最後はこれ。
以前からちょと気になっていたので
この機会に買ってみました。
jun.25.2016-5.jpg

使い方はこんな感じ。
バイスの方効きを抑えるために反対側に
挟むプラスチック板です。
私のバイスはツインスクリューになっている
ので、方効きはそれほどひどくありませんが
一個あると便利でしょう、多分。
jun.25.2016-6.jpg
posted by acanthogobius at 10:12| Comment(2) | 木工生活

2016年06月12日

ご無沙汰していました

ご無沙汰してしまって、すみません。
工房には通っているのですが、次の作品の事を
考えたり、工房周辺の草刈りを始めたりで
時間が過ぎてしまいました。
日々の生活でも色々あり、自宅で次の作品の
構想が練る余裕が無いのも一因かもしれません。

そんな中で、八街市内で木工業を営む佐々木さんからの
お誘いで、佐々木さんが運営するハートウッド工芸
の展示会に私のチェストを置かせてまらうことに
なりました。

灯台下暗しとはこの事で、私の工房から車で
ほんの10分の所に、ギャラリーがありました。
喜三郎という名前のギャラリーです。
大きな旧家の一部をギャラリーとして使っていて
年に数回の展示会を催しているそうです。
6月15日から18日までです。

大きな門の奥に見える建物がギャラリーになっています。
jun.11.2016-1.jpg

jun.11.2016-2.jpg

jun.11.2016-3.jpg

posted by acanthogobius at 20:54| Comment(0) | 木工生活