2019年06月08日

チェストの引き出しの制作

2台同時に制作を進めたウォールナットのチェスト
ですが、1台は先に完成し納品を済ませました。
残る1台の引き出しを作り始めました。
今回、引き出しの側板は朴木を使用します。
jun.8.2019-1.jpg

桂と共に朴木は側板には適した材だと思います。
写真は同じ朴木ですが色が随分違いますね。
右側の材の心材の部分は色が濃くて本当に
綺麗ですが、最近はとんと見かけなくなって
しまいました。
今、朴木といえばほとんど左の材のような
感じになってしまいました。
jun.8.2019-2.jpg
posted by acanthogobius at 20:57| Comment(0) | 家具製作

2019年05月01日

10連休の真っ最中

ご無沙汰していました。
10連休中、特にどこかに出掛けることもなく
日頃の懸案事項を少しづつこなしています。

その内のひとつが今回のチェストの完成でした。
昨年注文をいただいて、材料の購入から制作を
進めて来ました。
随分時間が掛かってしまいましたが、やっと完成し
既に納品して来ました。
今回は板目材を使ったので、ある意味派手な
木目のはっきりした作品になりました。
ブラックウォールナットが人気なのは分かりますが
やはり高価な材になってしまいました。
apr.27.2019-1.jpg
posted by acanthogobius at 17:24| Comment(2) | 家具製作

2019年02月11日

チェストの制作を進めています

千葉は雪が降って寒いですね。
そんな雪の合間に工房へ向かいました。
ブラックウォールナットのチェストの組み立てを
始めています。
2台同時に作っていますが、鏡板の面取り部分の
サンディングに結構時間が掛かりました。
組み立て前に鏡板の部分のみオスモのエキストラクリアー
を塗ってあります。
feb.10.2019-1.jpg
posted by acanthogobius at 21:43| Comment(4) | 家具製作

2018年07月08日

チェストの写真撮影

ご無沙汰していました。
チェストの完成に向けて作業をしていました。
引き出し部分のサンディングの様子です。
jun.30.2018-1.jpg

塗装はオスモのエキストラクリアーを下地として
仕上げとしてノーマルクリアーを掛けました。
背景紙を設置して撮影してみました。
jun.30.2018-2.jpg
posted by acanthogobius at 11:05| Comment(5) | 家具製作

2018年06月10日

とりあえず形になりました

東京で今年初めて30度を超えた日に工房作業を
行いましたが、さすがにエアコンを稼働させる
ことになりました。

途中私生活の中で色々な事があったにしても
随分時間が掛かってしまった定番のチェストも
やっとここまで来ました。
後は塗装を残すのみです。

jun.9.2018-1.jpg
posted by acanthogobius at 10:50| Comment(0) | 家具製作

2018年05月27日

ご無沙汰していました

毎週工房に通っていたのですがブログにする
ほどの話題がありませんでした。

チェストの引き出しを作っています。
桂の粗材からフシや割れを取り除き
手押し鉋と自動鉋を通して厚さを一定にしてから
鉋を掛けて(と言っても超仕上げ鉋ですが)所謂
木作りに結構が時間が掛かってしまいました。
外に積んであった材なので、辺材の部分は黒くなって
いる物がありましたが、心材はまだまだ綺麗でした。
やっと引き出しの部材が揃って来ました。
may.26.2018-3.jpg

先日、安物買いの銭失いだったかもしれないと紹介した
溝切り用のチップソーですが、結局買い替えました。
やはりこちらの方が安心して使えそうです。
兼房の調整式チップソーです。
上に写っているスペーサーを挟んで溝幅を調整します。
左が1mm、真ん中が0.5mm、右が0.1mm厚です。
これらのスペーサーの組み合わせで3mmから5mmまでの
幅の溝を0.1mm単位で切ることができます。
今回、引き出しの底板用の溝を切るのに活躍。
may.26.2018-2.jpg

工房の敷地に植えたタイサンボクが花を付けました。
幼木を植えてから10年位して初めての花です。
木はすでに7-8mの高さに成長しています。
この花、20cm位ありそうな大きな花で
これからさらに開いてくると思いますが
さて、次週はどうなっているでしょうか?
may.26.2018-1.jpg


posted by acanthogobius at 20:53| Comment(0) | 家具製作

2018年05月04日

連休中コツコツと

GW中は5月1日のみ出勤というちょっと変則的な
休日で体も慣れませんが、何度か工房へ通っています。
工房周辺も若葉の季節を迎えていて、そんな中
ナンジャモンジャの花が咲きました。
ヒトツバタゴというのが本当の名前らしいです。
まだ木が小さいので花の数も少ないですね。
apr.30.2018-1.jpg

今回、久しぶりに個人輸入で取っ手を買いました。
いつものカナダのLee Valley社からです。
木製の取っ手を自作される方は多いですね。
確かにコスト的には自作の方が良いのでしょうが
気に入った物を作るのは中々時間が掛かりますし
強度的に不安な場合もあるかと思います。
私も自作した事はあるのですが、最近はLee Valley社
からの個人輸入が増えています。
最初の物は今回初めてのタイプ
ちょっと有り合わせの板に取り付けてみました。
apr.30.2018-2.jpg

こちらはいつも使っている定番タイプ
apr.30.2018-3.jpg

さて、チェストの進捗ですが、本体のサンディングを
進めながら天板を作っています。
apr.30.2018-4.jpg


posted by acanthogobius at 22:21| Comment(0) | 家具製作

2018年04月22日

まだ4月なのに暑い

突然暑くなって夏物の衣類が間に合いません。
頑張って工房作業を進めましたが、帰宅してから
ちょっとぐったりしてしまいました。
夏はいったいどうなるのでしょう。
本体の組み立てが終わりました。
いつもと同じような写真ですが掲載して
おきます。
apr.21.2018-1.jpg
posted by acanthogobius at 19:15| Comment(0) | 家具製作

2018年04月08日

ボチボチやってます

チェスト本体の組み立てを始めました。
組み立ててからでは手の入らない部分の
サンディングや鏡板の溝に収まる部分の
塗装など結構時間が掛かりました。
apr.7.2018-1.jpg

apr.7.2018-2.jpg

実はまだ一部分しか組み立てられていませんが
今回、裏はこんな感じ。
今日はそんなとこ。
apr.7.2018-3.jpg
posted by acanthogobius at 14:29| Comment(2) | 家具製作

2018年03月25日

寒暖差が激しいです

数日前に雪が降ったかと思ったら、今度は桜が
開花しました。
この時期は毎年の事、とは言っても中々体が着いて
来ません。

そんな中、ボチボチ作業を続けています。
まずは鏡板のサンディング。
ちょっとした治具を作って45度の面取り部分
のサンディングを水拭きをしながら進めました。
mar.24.2018-1.jpg

馬乗り加工部分の仮組みまで漕ぎ着きました。
ここまでは上手く行っているようです。
mar.24.2018-2.jpg
posted by acanthogobius at 19:33| Comment(0) | 家具製作

2018年03月11日

久しぶりの馬乗り加工

少しずつ暖かい日もあるようになって、梅も咲き始めました。
工房の周辺ではウグイスが鳴いたり、先日はキジの雄が飛んで
いるのを見ました。

ぼちぼち進めているマホガニーのチェストの仕口に久しぶりで
馬乗りを採用してみようと思って加工を進めています。
ノミを使う場面もあって時間が掛かりますが、良い物が出来る
と良いのですが。

鏡板が少し薄くなってしまいました。
裏を少し補強した方が良いかなと思っています。

mar.11.2018-2.jpg

mar.11.2018-1.jpg
posted by acanthogobius at 11:17| Comment(0) | 家具製作

2017年12月17日

墨付けとホゾ穴開け

マホガニーのチェストの墨付けです。
縦框への墨付けは上端からの距離だけの墨付け
です。後はホゾ穴の方向を間違わないように
印を付けます。
dec.16.2017-1.jpg

ホゾ穴を開けました。
ところが、早速間違えてしまいました。
上端と下端だけホゾ穴の大きさを変えたのが
失敗の元です。写真右端の下から2番目
ホゾ穴の大きさと位置を間違えました。
歳と共に間違いが増えるので、作業を単純化する
工夫がこれからは必要ですね。
dec.16.2017-2.jpg
posted by acanthogobius at 20:05| Comment(0) | 家具製作

2017年11月19日

ぼちぼちです

まだ11月だというのに寒くなってきました。
工房の壁や天井の断熱が薄いのが幸いして
天気が良いと工房内も暖かいのですが
土曜日は生憎、朝から雨。
今期初めて石油ファンヒーターに点火しました。
半年放ったらかしのファンヒーターですが
無事に着火しました。

マホガニーの定番チェストの制作です。
ここ数日ちょっと腰の具合が悪く
何となくグズグズしながらの作業で
あまり進みませんでした。
今日はそんなとこ。
nov.18.2017-1.jpg
posted by acanthogobius at 21:54| Comment(0) | 家具製作

2017年11月05日

ご無沙汰していました

9月の展示会が終わってから少し停滞していました。
次の作品の構想を練っていたのですが、最近材料を
買っていないもので、工房内を見渡したり、奥の材を
引っ張り出したりしながら、使える材を探したり
10月の雨続きで、出来なかった工房周りの草刈りを
したりで、ブログの更新が滞りました。

マホガニーで定番のチェストが何とか作れそうなので
木取りを始めた所です。
こちらは多分15年以上前に新木場のもくもくで購入した
マホガニー。産地は今一不明ですが幅が30センチ以上ある
柾目材。
今はあまり見かけないかもしれません。
nov.3.2017-3.jpg

ちょっと赤身の強いラワンという感じもしますが
さて、どんな仕上がりになるでしょう。
nov.3.2017-2.jpg

話題が変わってこの時期のお決まりの写真
カマキリですが、くわえているのはオスの
カマキリ(多分)。
工房の出入り口のシャッターの枠に止まって
いました。
nov.3.2017-1.jpg
posted by acanthogobius at 10:53| Comment(1) | 家具製作

2017年08月16日

突然ですが山桜チェスト完成です

梅雨の期間中ほとんど雨が降らなかった
関東地方ですが、それを取り戻すかのように
天気の悪い今日この頃です。
山の日とやらの休日ができたおかげで
今年のお盆休みは6連休になりました。
皆が一斉に休む必要は無いと思うのですが
日本人の悲しい性でしょうか。

連休中三日間工房に通ってチェストを完成させました。
山桜はやはり所々黒い斑点状の傷があって、なかなか
無傷の材は少ないですが、まあその辺を無垢材の味として
理解していただける方がいるかどうか。
aug.15.2017-1.jpg

今週の昆虫達です。
シオカラトンボ
雨が降っていて翅が少し濡れています。
aug.15.2017-2.jpg

オスグロトモエまたはハグルマトモエという蛾の一種
区別はなかなか難しいようですが、翅の両側にある
目玉のような模様が漢字の巴の字に見えるところから
名前が付いたようです。
aug.15.2017-3.jpg
posted by acanthogobius at 22:47| Comment(0) | 家具製作

2017年07月23日

梅雨明けとともに昆虫達の季節

今年は、特に関東では雨の少ない梅雨でしたが
それでも梅雨明けが分かっているかのように
工房の周辺の昆虫達が元気です。
私は昼間の観察しかできないので夜の事は
良く分かりませんが、毎年カブトムシよりも
少し早くノコギリクワガタが現れます。
で、この時期は恋の季節のようです。
jul.22.2017-2.jpg

ところが、同じクヌギの木にこんなクワガタが
現れました。
一見、違う種類のクワガタのようですが、調べてみると
同じノコギリクワガタの小歯タイプのようです。
このクワガタが成長して上記のような大きなツノ(顎)
を持ったクワガタになる事は無いので、多分この状態で
一生を終えるのでしょう。
どのようなメカニズムでこういう個体が出現し、そこに
どのような意味があるのか興味深いです。
自然の不思議というところでしょうか。
jul.22.2017-5.jpg

こちらはキタテハのようです。
高い木の上で翅を開いたり、閉じたりするので
シャッターチャンスが難しいです。
jul.22.2017-3.jpg

さて、本題のチェストは引き出しの材の木取りです。
上に乗っている6枚が山桜の引き出し前板。
下の材が側板と向こう板に使う桂の材。
切ったり削ったりした事で、材が動き始めるので
このまま安定するまで待ち、次回最終的に平らな板に
仕上げます。
jul.22.2017-4.jpg
posted by acanthogobius at 20:41| Comment(2) | 家具製作

2017年07月17日

今年は梅雨が無いな

暑い日が続きます。
千葉は高い山が無く、夕立も期待できないので
ここの所ほとんど雨が降っていません。
今年は空梅雨ですね。

2週間ぶりの工房だったので、最近植えた植物は
元気が無かったので、沢山水を与えておきました。
そんな中、いつものムクゲが咲きました。
今年はちょっと花が小さいかな。
jul.15.2017-1.jpg

山桜のチェストの組み立ての続きです。
14個のホゾを一気に組まないとならないので
いつもこんな事になってしまいます。
気温が高く、タイトボンドIIIは10分ほどで硬化が
始まるので、時間との戦いですが、今回も破綻無く
組み上がりました。
プレス機があれば良いのですが私の工房には
無理なので、これで良しとしましょう。
jul.15.2017-2.jpg

とりあえず本体が出来上がりました。
この後、細かい所の目違いを払ってから
一部サンディングをしてから天板を取り付け
引き出しの制作へと進みます。
jul.15.2017-3.jpg
posted by acanthogobius at 10:10| Comment(0) | 家具製作

2017年07月02日

今年も半分終了

今年はヤマモモが豊作です。
2、3個つまんで食べて見ましたが
やはりヤニ臭く中々消費できません。
このまま落ちてしまうのでしょう。
年によって実の付き方が全然違うので
興味深いですね。
100円玉ほどの綺麗な実です。
jul.1.2017-1.jpg

さて、山桜のチェストはやっと組み立てに掛かりました。
いつもと同じ写真ですが、鏡板の入った側框に棚口の框を
植え付けて行きます。
本当に植え付けるという表現が相応しい感じで
一枚づつホゾ組みします。
次回は裏板を入れながら、もう一枚の側框を
組み上げます。
jul.1.2017-2.jpg
posted by acanthogobius at 20:59| Comment(0) | 家具製作

2017年06月11日

庭の収穫

出直しのチェスト、鏡板の仕上げに掛かっています。
鉋掛け、サンディング、水拭き、サンディング
をしています。
組み立てまでもう少し掛かります。
jun.10.2017-2.jpg

千葉県は梅雨に入っても雨が降っていません。
この春植えた植物が気になるところで
1週間ぶりで水を与えるのですが、水が
切れ掛かっていました。
そんな中、ささやかな収穫がありました。
この春、植えたばかりの3本のマルベリーの
一本が実を付けました。
黒く熟した実を二つほど味見しましたが
まあ、ほのかな甘み、というところでしょうか。
jun.10.2017-1.jpg
posted by acanthogobius at 19:58| Comment(2) | 家具製作

2017年05月21日

地道な作業が続きます

作り直しのチェストの作業が続いています。
ホゾ穴を開けて、ホゾを作ると言う地道な
作業ですね。
でも、作品全体の精度と強度を決定する重要な
作業です。
may.20.2017-3.jpg

鏡板の材を挽き割って養生します。
一旦反りを出させて安定するのを待つためです。
may.20.2017-4.jpg

今週の昆虫はヒメウラナミジャノメ。
なぜか今週はこの蝶がたくさん舞っていました。
食草が近くにあるのでしょうね。
翅に蛇の目の模様があるのでジャノメ蝶の仲間ですが
一般的で良く見られる種類とはいえ、ナミ=並の名前が
付けられて昆虫達にとっては迷惑な話ですね。
may.20.2017-1.jpg

may.20.2017-2.jpg
posted by acanthogobius at 19:49| Comment(1) | 家具製作