2019年05月06日

連休中に懸案だった作業を実行しました。

十数年前、家具作りを教えてくれていた先生が
茨城県へ引っ越すことになり、在庫していた材の
一部を預かることになりました。
その時の約束では、数ヶ月の内に引き取りに来るから
という事だったのですが、そのままの状態で十年以上
が経過してしまいました。

このまま、朽ちて行くのは待つには、あまりにもったい無い
ので、了解をもらって少し使わせてもらう事にしました。

それは十数年の間に雑草に覆われた中にあります。
当時は掛かっていたブルーシートも既に破れています。
ただ、材の上にはアルミサッシが乗っていて、直接
雨は掛からない状態になっていました。
さらに、引越しを急いだためか、桟木が無くただ
積み上げた材も多いです。
幅90センチ、厚み9センチ、長さ3メートルの
ナラ材です。
この山だけで10枚あります。
may.6.2019-1.jpg

積み上げるのも大変だったでしょうが
とても一人で動かせる重量ではありません。
仕方なく、切断して運び出す事を考えました。
しかし、桟木が入っていないので、そのまま切断
する訳にも行かず、なんとか浮かせる事にしました。
ハンドポンプ式のジャッキを購入して浮かせてみました。
may.6.2019-2.jpg

何とか、車のジャッキが入るまで浮かせることに
成功し、間にコンクリートブロックを差し込みました。
may.6.2019-3.jpg

さて、切断ですが、材をひっくり返すことも不可能な状態の
中で、丸ノコ、チェーンソー、ジグソー
など、考えたのですが、安全性を重視した結果
セーバーソーに行き着きました。
始めてのセーバーソーですが、横挽きは比較的順調に
終わりました。
may.6.2019-4.jpg

辺材の部分は既に朽ちていますが、心材の部分はまだ
使えそうです。
may.6.2019-5.jpg

予想はしていましたが、縦挽きは苦労しました。
刃は2本だめになり、握力も無くなってしまいました。
3メートルの材を1.8メートルと1.2メートルに
切断し、1.8メートルの方を縦に半分にしました。
運び出しは後日にしましたが、それでも非力なサラリーマンに
とっては結構な重量です。
それでも懸案が一つ解決し、先が見えたのでほっとしています。
may.6.2019-6.jpg
posted by acanthogobius at 11:17| Comment(2) | 工房だより

2017年07月30日

今週は昆虫ネタ

今更梅雨に戻ったような天気が続きます。
曇りで湿度が高く気分が良く無いですね。
チェストは引き出しの制作に取り掛かりましたが
記事にできるような写真がありませんでした。

先週ノコギリクワガタのいたクヌギの木に
今週はカブトムシがいました。
昆虫達がいるのはクヌギの木だけです。
クワガタはどこへ行ったのでしょう?
この木の近くに手押し鉋や自動鉋から出た
鉋クズを捨てる場所があるので、多分カブトムシの
幼虫はその中で育っているのだろうと思います。
そして、なぜか一年置きに昆虫達が多い年と
少ない年を繰り返しているようです。
今年は多い年です。
jul.29.2017-1.jpg

少しツノが小さいカブトムシ
jul.29.2017-2.jpg

アゲハチョウと同じ位の大きさの蝶を見つけて
撮影してみました。
桂の葉に止まっていましたが一見すると一昨年
このブログで紹介したゴマダラチョウに似ています。
しかし良く見ると翅の後ろの所に赤い斑点があります。
ネットで調べて見るとアカボシゴマダラで中国から
人為的に持ち込まれた物が最近関東地方で増えている
種類であることが判明しました。
蝶の外来種だったということです。
これも写真撮影してみないと飛んでいるだけでは
分からないですね。
jul.29.2017-3.jpg

同じ蝶がクヌギの木に止まっています。
周りにカブトムシがいて、どうもここに
樹液が出る場所があるようです。
jul.29.2017-4.jpg
posted by acanthogobius at 22:07| Comment(0) | 工房だより

2017年03月12日

3月になっても寒いです

毎週、工房には通っているのですが
ちょっと苗木を植えたり、写真を撮ったりで
肝心の木工の方の時間を食っている状況です。
今回も山桜のチェストの組み立て前のサンディング
を進めましたが、画像でお伝えできるような物が
ありません。

ところで、最近は写真でも遊んでいます。
次の写真を見てください。
自宅の梅をマクロ撮影した物ですが
実は20枚の写真を合成した物です。
もっと分かり易い写真が今後写せると
思いますが、今回はこの程度。
手前から奥に向かってピントを少しづつ
ずらしながら写した20枚の写真を1枚に
合成した物で、被写界深度の浅い
マクロ撮影にあっては、手前から奥までピント
の合った写真になっていると思います。
mar.12.2017-1.jpg

次は工房周辺に飛来した野鳥。
自宅に帰って調べるとエナガでした。
今回は比較的近くで撮影できましたが
それでも、トリミングが必要でした。
写真にして初めて分かるのですが、なんだか
モコモコとした感じの可愛い鳥ですね。
春に向かって動物も植物も動き出すので
また木工の時間が食われそうです。
mar.12.2017-2.jpg

mar.12.2017-3.jpg
posted by acanthogobius at 10:42| Comment(0) | 工房だより

2015年07月20日

今週は訳あって昆虫ネタのみです

先週、ノコギリクワガタのいた同じクヌギの木に
色々な昆虫が集まっていました。
少し紹介してみましょう。

一枚の写真に4種類の昆虫が写っています。
左下にクヌギの穴に頭を突っ込むカブトムシ
その右側にゴマダラチョウ。
上の右側に頭が見えるノコギリクワガタ
そして、その左側にミヤマカミキリムシ
みんな、クヌギの樹液を求めて集まって
いるんですね。
jul.18.2015-1.jpg

ゴマダラチョウのアップです。
白黒の2色模様ですが、奇麗なもんです。
jul.18.2015-2.jpg

ミヤマカミキリムシ
色は地味だけど大型のカミキリムシ
jul.18.2015-3.jpg

こちらは近くに飛んで来たトンボ
ノシメトンボというらしい。
赤トンボの仲間らしいけど赤く無い。
翅の先端の模様が特徴的
jul.18.2015-4.jpg
posted by acanthogobius at 22:45| Comment(0) | 工房だより

2013年08月27日

老眼鏡

基本的に私は一日中パソコンの前にいます。
手元の書類を見ながらパソコンに入力することも
多いです。

ところが、段々手元の書類の字が見にくく
なりました。
同時に木工でも墨線が見にくくなりました。
所謂老眼ですね。

近視の眼鏡は数年前から使っている
デンマークのLINDBERGのフレームです。
構造がユニークでデンマークらしくシンプルな
デザインが気に入っています。
所謂蝶番が付いていないので、ビスがどこにも
使われていません。
少し汚れていてすみませんが紹介してみます。
aug.24.2013-1.jpg

aug.24.2013-2.jpg

今回、遠近両用の眼鏡を作るつもりで
眼鏡店に行って話をすると、パソコンを使う
仕事でしたら遠近では無く、近近が良いでしょう
とのことでした。

ということは、手元の書類とパソコンの画面が
両方見える近近で、それより遠くは今までの
近視の眼鏡をつかう、ということです。

そこで、出来上がった近近の眼鏡を紹介します。
おなじLINDBERGです。
今度はフレームがありませんが、やはり構造は
ユニークです。
レンズに穴を開けて、チタン素材をUの字に曲げて
差し込んであるだけです。
これ以上シンプルなのは無いかもしれませんね。
木工の加工精度が上がると良いのですが。
aug.24.2013-3.jpg

aug.24.2013-4.jpg
posted by acanthogobius at 20:50| Comment(1) | 工房だより

2009年10月18日

ワークベンチ〜木取り続く〜 追記あり

新しいワークベンチの木取りを続けています。
天板の積層板を構成する部材を切り出しています。
約75ミリから65ミリの角材を12本作りました。
数ヶ所から集めて来た材をバンドソーで挽いて作りましたので
幅や厚みがまちまち、少し曲がっている材もありました。
これから手押し鉋、自動鉋を使って厚さ60ミリが残るように
して行きます。

上に乗っかっている材は90ミリX160ミリの角材。
これはワークベンチ、一番手前の框材というか幕板になる予定。
90ミリ側が天板の一部になります。
なぜ、幅が160ミリも必要になったかと言うと妻手側に
ツインスクリューバイスが取り付くからです。
ツインスクリューバイスを取り付けるには最低150ミリほどの
幕板が必要なんです。
妻手側の幕板だけ150ミリあれば、長手側は90ミリでも
良かったのですが、長手側、妻手側で幕板の幅が違うのは
想像するだけで、ちょっと格好が悪い。
なんとか同じ幅の幕板を廻すように考慮中です。
それにしても樺の材は重い、バンドソーの上に乗せるだけでも
一苦労、樺材と格闘しています。
樺10001.jpg

話題が替わって、昨日の工房の一コマ。
工房の壁に留まっていたカマキリ、この時期気温が下がって来ると
工房の壁が少し暖かいのか、良く見かける光景です。
ただ、このカマキリ、少し小さいカマキリをムシャムシャと食べているのでした。
食べているのがメスで食べられているのがオスなのでしょうか。
だとすると、このオスは無事目的を達することができたのだろうか?
なんて考えてしまいました。
樺20001.jpg

追記
先日のブログで写真を紹介したワークベンチの図面をFine Woodwoking誌より拝借して
掲載してみます。
PDFからの変換なので画質が悪いかもしれません。
workbench.jpg
posted by acanthogobius at 12:02| Comment(9) | 工房だより

2009年10月11日

ワークベンチを作り直す

ワークベンチを作り直してみようかと思っています。
今使っているワークベンチは3X6合板1枚分の大きさ。
本体は105ミリの米ツガの角材
天板は21ミリのラワン合板です。
片方の妻手側にツインスクリューバイスが付いています。
作業台10001.jpg

天板も無垢の材の物を作ってみようと思っています。
樺材を集めてみました。写真はその一部です。
厚み70ミリから90ミリの板および角材が集まりました。
ワークベンチ20001.jpg

荒木取りを始めましたが、樺はとにかく重いです。
78ミリ厚、2.7メートルの材を切断し、バンドソーで縦挽きしている写真です。
雑然とした工房の中で2.7メートルの材を振り回すのは大変です。
ワークベンチ40001.jpg
ワークベンチ50001.jpg

天板は60ミリ前後の厚みとし、集成して作ります。
脚は90ミリ前後の角材で構成することは決めています。
小さな工房ですので加工から組立、場合によっては塗装まで、ひとつの
ワークベンチの上ですることになります。
それを考えると大きさは、やはり3X6合板位の大きさ、高さは73センチ位で
やや低めにしたいと思います。
バイスは今使っているツインスクリューバイスひとつのみとします。

構造は今のワークベンチの構造を踏襲するのか、ヨーロピアンスタイルと
呼ばれる構造にするのか迷っている所です。
ヨーロビアンスタイルとしてはFine Woodworking誌に記載のあった
次の写真の感じがシンプルで良いと思っているのですが。
角材を集成するとはいえ無垢の材ですので天板の収縮も考慮しなければ
ならないので合板と同じ考えでは無理だろうと思っています。
ワークベンチ1.jpg
posted by acanthogobius at 21:29| Comment(14) | 工房だより

2008年05月23日

今年も雑草の季節がやって来た

今年も雑草が伸び始めて来ました。
工房の土地を購入してから色々木を植えてきました。
しかし、土が粘土質のためか木の成長があまり良くない。
さらに雑草に栄養を取られているのかもしれない。

まだそれほど暑くないこの季節、早めに雑草を刈ることにしました。
工房の空き地、100坪ほどあるでしょうか。
今回は半分草刈りすることにしました。
写真の左半分が草刈りした所です。

刈った草はそのままにしておくと芝のために良くないので
集めて掘った穴に捨てています。
これも結構大変です。

そんな中、昨年植えた木が花を付けました。
ヒトツバタゴ別名ナンジャモンジャの木です。
ただ、この木は外国産の近似種を接ぎ木してあるようで
まだ50センチほどの苗ですが花を咲かせています。

すぐ近くに国産のヒトツバタゴも植えているのですが
葉の形が少し違うし、同じ位の大きさの苗ですが
まだ花を付けません。

国産のヒトツバタゴは木曽川流域と対馬に自生するそうで
満開になると雪のように美しいといいます。
そうなるまで育ってくれることを願います。
それまでは草刈りの時に誤って草と一緒に刈って
しまわないように注意します。

草刈り10001.jpg

草刈り20001.jpg

草刈り30001.jpg
posted by acanthogobius at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房だより

2008年03月22日

春2題

桜の開花宣言もちらほら聞かれる季節になってきました。

私の工房の周辺も春の兆しが見られるようになってきました。
ここ一週間ほどで動植物の動きが実感できます。

その一は工房の庭(空き地?)に現れたキジの雄です。
ケーンケーンとキジの雄の鳴声が聞こえていたのですが
工房で作業をしていて、ふと外を見るとキジが歩いているので
急いでカメラを取り出し窓越しに撮影しました。
夏前には子供を連れた雌の姿も見られるかもしれません。
春20001.jpg

その二は白木蓮の花です。
昨年植えた人の背丈ほどの木が10輪ほどの花を付けました。
もう少し開いた状態を写したかったのですが次に工房に
行くのは一週間後なので開き過ぎた状態になってしまうと思います。
春10001.jpg

これから段々、花の季節、若葉の季節へと進んで行きます。
posted by acanthogobius at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房だより

2007年12月16日

冬枯れ


週末しか木工ができないので毎週ブログを更新するのはネタ探しに

苦労します。

家具作りもやりたい事はたくさんあるのに週末だけでは本当に

限られた事しかできません。

月曜から金曜までのサラリーマン生活が何か空虚なものに

感じることがありますが、まあ、人生こんなもんですかね。




という訳で今日は工房の敷地で見つけた冬の風景をひとつ。

昨年植えたケヤキの若木の枝に付いたイラガの繭です。

繭といっても随分硬いものです。

直径は1センチ位。

何でこんな模様になるのか不思議ですね。







実はこのイラガの繭、釣具屋さんで売られているのです。

釣りの一つのジャンルとしてタナゴ釣りがあります。

タナゴは、ほぼ日本全国に分布し淡水の池や川にすむ3センチ前後の

小さな魚です。

魚が小さいだけに、その道具もミニチュアで古くから

タナゴ釣り専用の道具が作られてきました。

タナゴも日本には何種類か生息していますが特に関東地方では

中国より入ってきたタイリクバラタナゴが優占していて

釣りもこの魚が対象になることが多いようです。

タナゴ釣りは冬の風物誌のひとつになっています。




イラガの繭はこのタナゴ釣りの餌として使われています。

ちょっとかわいそうな話ですが、この繭の先端を切り取って

繭の中のサナギの内臓をその小さな釣針に巻き付けて餌とします。

タナゴ釣りの餌といえばイラガの繭と言われるぐらい昔から

使われているものです。




イラガの繭の存在は釣り好きだったこともあって子供のころ

から知っていましたが当時は東京に住んでいたこともあって

自然の中で出会うことはありませんでした。

先日、工房の敷地を歩いていて見つけたので写真にしてみました。



posted by acanthogobius at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房だより

2007年05月27日

今年も雑草との戦いが始まった


雑草とはどうしてこんなに強いのだろうか。

昨年はなんとか雑草を減らそうとティフブレアという芝の

種を播いたりしてみましたが、どうも雑草に負け気味です。

一部では芝が茂っている所もあるのですが雑草を抑えるまでに

至っていません。




雑草が人の膝位の高さになったので今期初の芝刈りを実行しました。

刈る前の写真も撮れば良かったのですが、以下の2枚の写真は

刈った後の写真です。5センチ前後にはなったと思います。




刈った雑草をそのままにすると下になった芝が枯れてしまうので

刈った雑草を除去しなければなりません。これがまた一苦労です。

今回は150坪ほどの雑草刈りでしたが4−5時間掛かってしまいました。

植木も植えてあるので一緒に刈ってしまわないように注意しなければ

なりません。

さらに昨日の千葉県は30度近い気温となり、一日が草刈りだけで

終わってしまった印象です。




今年はあと何回雑草刈りをしなければならないのだろうか。

posted by acanthogobius at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 工房だより

2007年03月25日

コブシの花


私の工房のある千葉県八街市周辺の環境はコブシの成育に

合っているようです。

元々、コブシは暑さ、寒さには強い丈夫な木のようです。

しかし、昨年はあまり気が付かなかったけれど工房周辺に

コブシの大きな木がたくさんあって昨日の土曜日は

ほぼ満開の状態でした。




最初の写真の木は畑の真ん中に立っていて大きな木です。

胸高直径で50-60センチはありそうで堂々とした木です。

もう一本は木は少し細いけれど枝ぶりが良く花の数は

こちらの木の方が多いかもしれない。




桜もそうですがこういう花をうまく写すのは難しいです。

花のバックにうまく緑を入れるようなアングルを探すか

青空の良い時をねらって青空をバックにするかしたい所

ですが当日は曇り空、アングルも限られていて、こんな

写真になりました。

たくさんの花の豪華さ、木の堂々とした雰囲気を出し

ながらひとつひとつの花を識別できるような写真に

したかったです。




工房周辺に新しい発見があったので季節の楽しみが

またひとつ増えたと思っています。

posted by acanthogobius at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房だより

2006年12月03日

紅葉


工房の敷地内に植えていたモミジが良い色に紅葉しました。

12月2日の写真です。

関東南部で海からもそれほど遠くない土地でしたので紅葉はあまり

期待していませんでしたが、ここ何日かの冷え込みで良い色に

なってくれました。




この一年間、大きくても人の背丈ほどの木の苗を色々植えてきました。基本的には関東近辺の山に生えているような山の木ばかりです。常緑樹は暖かい時期に、落葉樹は葉のない時期に植えるように

してきました。それでもその環境に合う木合わない木があるようで

うまく根付かずに枯れてしまった木や明らかに元気のない木も

ありました。




その中でこの山モミジと思われるモミジは昨年の今ごろ近くの

ホームセンターで購入したのですが今年の春から盛んに新芽を

出し春の新緑と今回の紅葉を楽しませてくれました。




これから落葉樹は葉を落とし、常緑樹も活動を休止する時期に

入りますが来春は最近植えた苗も含めてどのような成長をするのか

たのしみです。

posted by acanthogobius at 22:04| Comment(0) | 工房だより

2006年11月20日

工房内部紹介


私の工房の内部を紹介します。

2枚の写真は入り口から入ってそれぞれ右側と左側です。




一番奥の壁際にクランプ類が掛かっています。

右側は自作のコンパネ1枚分の作業台の奥にデルタの小型自動

カンナ、右側の奥の台の上がルーターテーブル、卓上バンドソー

等、手前の台の上がスライド丸鋸とラジアルボール盤

その手前がデルタ14インチバンドソー、一番手前が角のみ盤

です。




左側は一番奥が25センチ巾の手押しカンナ盤、集塵機を挟んで

その手前が昇降盤、一番手前が小型横切り盤ペティーワークです。

それと写真には写っていませんが小型木工旋盤があります。




日米混合部隊のようですが10坪という工房の広さを考えると

この辺が限度でしょうか。

中古の機械も多いですが機械に負けない作品をつくらなければ

と思っています。

posted by acanthogobius at 20:48| Comment(1) | 工房だより

2006年11月05日

もみじ


今年の秋は暖かい日が続いています。

私の工房がある南関東では紅葉はまだですが、早いもので

山桜は既に葉を落としています。




私はもみじの葉が好きで工房の周辺にも数本植えています。

紅葉はしていませんが写真に収めてみました。

もみじは一般にいろはもみじ、やまもみじ、おおもみじを原種と

して国内で200品種ほどが作られているそうで、コレクション

されている方も多いようです。

奥は深そうですが、この世界に足をつっこくむと大変なことに

なりそうなので、控えています。

数本植えて楽しむのがよさそうです。

南関東ではあまりきれいな紅葉は期待できませんが、これからの

紅葉と来春の新緑を楽しみたいと思います。

posted by acanthogobius at 19:25| Comment(0) | 工房だより

2006年10月29日

ティフブレア


工房周辺の空き地は夏の間雑草で埋め尽くされます。

暑い中なんどか雑草刈りをしなければなりません。そんな中

タキイ種苗が発売しているティフブレアと呼ばれる東南アジア

原産の芝の改良種が雑草を抑制することを知りました。




タキイ種苗の説明によればティフブレアのために雑草の種に日が

当たらず発芽しないのと、アレロパシーと呼ばれるある種の作用に

より雑草の繁茂を抑制するということです。種間の競争に勝つ

強さを備えているということでしょうか。




今年の春にティフブレアの種を購入して工房周辺に播きました。

写真は少し遅れて8月に空き地に播いたティフブレアの状態です。

これはきれいに育っていますが、春に播いた分は雑草と混在した

状態で一部は雑草に負けている所もあります。タキイ種苗の説明に

よれば1年目は雑草と混在しても冬に雑草は枯れるのに対してティフブレアは休眠するだけで翌年の春にはティフブレアが優勢になる

との説明です。来年の夏は少しでも雑草刈りの回数が減ることを

期待したいと思います。

posted by acanthogobius at 20:48| Comment(0) | 工房だより

2006年09月25日

工房の壁にカマキリ


少し涼しくなってきたせいかここ二週間ほど工房の壁の

決まった位置にいつもカマキリが留まっています。

やはり地面や草の上より多少は暖かいのかもしれません。

このカマキリは雌のようなので、もうしばらくすると産卵して

死んで行く運命にあると思います。

キンモクセイの花も咲き始め良い香りを漂わせていますし

桜は早々と葉を落とし始めています。

季節は確実に秋へ進んでいるようです。

posted by acanthogobius at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房だより

2006年09月09日

工房全景


今日は土曜日ですので工房へ行ってきました。

今日は非常に蒸し暑い日でした。先日購入した植木7本を植えるのに汗びっしょりになってしまいました。

さらに悪いことに前に植えてあった苗木を気が付かずにふんずけて

折ってしまいました。暑さで注意散漫になっていたようです。

先日も草刈りをしている最中に雑草に埋もれた苗木を草刈機で

切ってしまいました。

苗木が雑草に埋まる前に草刈りが必要です。

今年の雑草との戦いももう少しです。




午後からはダイニングなどで使うキャスター付きのワゴンの

製作の続きを行いました。完成間近です。




途中で近くで工房を営む私の家具作りの師匠であるE先生が

訪ねて来てしばし話をしました。




posted by acanthogobius at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 工房だより

2006年09月07日

工房の周りに植える木


工房の周りに植えるためにネットで注文しておいた苗木が今日届きました。

写真を見てください。右側からクスノキ、タブノキ2本、クロガネモチ、アラカシ、ウラジロガシ2本の合計7本です。

週末、工房へ行ったおりに植えようと思っています。

いずれも山野に普通に見られる木で特別な物はありません。




工房のある土地には一部斜面があってそこにはもともとかなりの量の木が生えています。しかし平らな所にはあまり木が生えていないので少しずつ木を植えているところです。




今回は常緑の広葉樹ばかりです。

常緑樹は冬も緑で良いですが、落葉樹の春の芽吹きもまた捨てがたいです。

今は常緑樹を植える季節なので、冬になったら今度は落葉樹を植えたいと思っています。




何十年も育った木を切って材木にして、それで私が家具を作っているので、そのありがたさを感じつつ木を植えたいと思います。

自分が家具を作っている木が自分の周りに生えているのは何か楽しいものです。




posted by acanthogobius at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 工房だより