2018年05月27日

ご無沙汰していました

毎週工房に通っていたのですがブログにする
ほどの話題がありませんでした。

チェストの引き出しを作っています。
桂の粗材からフシや割れを取り除き
手押し鉋と自動鉋を通して厚さを一定にしてから
鉋を掛けて(と言っても超仕上げ鉋ですが)所謂
木作りに結構が時間が掛かってしまいました。
外に積んであった材なので、辺材の部分は黒くなって
いる物がありましたが、心材はまだまだ綺麗でした。
やっと引き出しの部材が揃って来ました。
may.26.2018-3.jpg

先日、安物買いの銭失いだったかもしれないと紹介した
溝切り用のチップソーですが、結局買い替えました。
やはりこちらの方が安心して使えそうです。
兼房の調整式チップソーです。
上に写っているスペーサーを挟んで溝幅を調整します。
左が1mm、真ん中が0.5mm、右が0.1mm厚です。
これらのスペーサーの組み合わせで3mmから5mmまでの
幅の溝を0.1mm単位で切ることができます。
今回、引き出しの底板用の溝を切るのに活躍。
may.26.2018-2.jpg

工房の敷地に植えたタイサンボクが花を付けました。
幼木を植えてから10年位して初めての花です。
木はすでに7-8mの高さに成長しています。
この花、20cm位ありそうな大きな花で
これからさらに開いてくると思いますが
さて、次週はどうなっているでしょうか?
may.26.2018-1.jpg


posted by acanthogobius at 20:53| Comment(0) | 家具製作

2018年05月04日

連休中コツコツと

GW中は5月1日のみ出勤というちょっと変則的な
休日で体も慣れませんが、何度か工房へ通っています。
工房周辺も若葉の季節を迎えていて、そんな中
ナンジャモンジャの花が咲きました。
ヒトツバタゴというのが本当の名前らしいです。
まだ木が小さいので花の数も少ないですね。
apr.30.2018-1.jpg

今回、久しぶりに個人輸入で取っ手を買いました。
いつものカナダのLee Valley社からです。
木製の取っ手を自作される方は多いですね。
確かにコスト的には自作の方が良いのでしょうが
気に入った物を作るのは中々時間が掛かりますし
強度的に不安な場合もあるかと思います。
私も自作した事はあるのですが、最近はLee Valley社
からの個人輸入が増えています。
最初の物は今回初めてのタイプ
ちょっと有り合わせの板に取り付けてみました。
apr.30.2018-2.jpg

こちらはいつも使っている定番タイプ
apr.30.2018-3.jpg

さて、チェストの進捗ですが、本体のサンディングを
進めながら天板を作っています。
apr.30.2018-4.jpg


posted by acanthogobius at 22:21| Comment(0) | 家具製作