2017年04月23日

桜も終わって新緑の季節

関東地方では桜が咲き始めた途端に暖かくなって
あっと言う間に散ってしまいました。
今年は桜の写真を撮り損ねました。
暖かくなって昆虫達も動き出したので
工房周辺の花と昆虫です。
なお、名前については一応調べましたが
外れているかもしれません。

ヘビイチゴの花、直径1センチほど
apr.22.2017-1.jpg

ニホンカワトンンボまたはアサヒナカワトンボ
イトトンボのように翅を閉じて止まっているが
イトトンボより少し大きい感じ。
2枚の写真は同じ種類だと思うが翅の模様が少し違う。
雌雄による違いか?
一枚の写真は餌の虫をくわえている。
もう少し絞って翅にもピントが来るようにしたかったです。
今後の課題。
apr.22.2017-3.jpg

apr.22.2017-2.jpg

ツバメシジミ
翅の後ろに小さな突起があってツバメの尻尾の
ようなので、突起のあるシジミチョウにはツバメ
の文字が付いているらしい。
こちらも、もう少し絞るべきでした。
apr.22.2017-4.jpg

本題の山桜のチェスト
やっと本体が組み上がった。
脚のテーパーがもう少しきつくても
よかったかな?
写真ではテーパーが付いていると言われないと
分からないですね。
apr.22.2017-5.jpg
posted by acanthogobius at 14:49| Comment(0) | 木工生活

2017年04月09日

週末天気が悪いですね

2週間ぶりの更新です。
どうも週末天気が悪いですね。
気分も晴れないし、写真撮影も思うように
行きません。
1週間前の工房近くの畑のコブシの花。
朝のうちは雨が降っていたので、夕方の撮影です。
以前にも何度か紹介していますが、私が知る限り
最大のコブシの木ですね。
周辺の山林にはコブシの木が多いので、植えた物
ではなく、実生だと思いますね。
apr.8.2017-2.jpg

チェストの裏板をどうするか考えました。
無垢の薄板を作る、突き板を購入するなど
考えましたが、今回はシナ合板にオスモカラーの
チェリー色を塗ってみました。
今回は塗りっぱなしで拭き取り無しです。
apr.8.2017-1.jpg

本体のチェストはやっと組み立てを始めました。
続きは次回
apr.8.2017-3.jpg
posted by acanthogobius at 10:07| Comment(0) | 家具製作

2017年03月26日

春は名のみか?

当地では桜に先駆けて先週辺りからコブシが
咲き始めましたが、寒い日が続いたためか
一週間経っても咲きそろいません。
工房前の山林のコブシを撮影してみました。
mar.25.2017-1.jpg

mar.25.2017-2.jpg

山桜のチェストはボチボチで、あまり報告できるような
進捗がありません。
mar.25.2017-3.jpg

普段使っているサンドベーパーの240番の在庫が
無くなってしまいました。
180番と320番はまだ少し残っていましたが
各100枚購入することにしました。
木工教室に通っている時から使っているタイプですが
大源商会さんに問い合わせしたところ、在庫は無いが
取り寄せ可能とのことで、価格も手頃だったことから
送ってもらいました。
mar.25.2017-4.jpg
posted by acanthogobius at 10:57| Comment(2) | 木工生活

2017年03月20日

やっと組み立てへ

工房周辺ではコブシの花が咲き始めました。
満開は来週あたりでしょうか。

山桜のチェストの制作を進めています。
実は鏡板の剥ぎ面に隙間が見つかって
一部、板矧ぎをやり直したりして時間が
掛かってしまいました。
やっと側板を一枚組み立てて今日のところは
終了です。
また次回。
mar.18.2017-1.jpg

mar.18.2017-2.jpg

posted by acanthogobius at 19:21| Comment(0) | 家具製作

2017年03月12日

3月になっても寒いです

毎週、工房には通っているのですが
ちょっと苗木を植えたり、写真を撮ったりで
肝心の木工の方の時間を食っている状況です。
今回も山桜のチェストの組み立て前のサンディング
を進めましたが、画像でお伝えできるような物が
ありません。

ところで、最近は写真でも遊んでいます。
次の写真を見てください。
自宅の梅をマクロ撮影した物ですが
実は20枚の写真を合成した物です。
もっと分かり易い写真が今後写せると
思いますが、今回はこの程度。
手前から奥に向かってピントを少しづつ
ずらしながら写した20枚の写真を1枚に
合成した物で、被写界深度の浅い
マクロ撮影にあっては、手前から奥までピント
の合った写真になっていると思います。
mar.12.2017-1.jpg

次は工房周辺に飛来した野鳥。
自宅に帰って調べるとエナガでした。
今回は比較的近くで撮影できましたが
それでも、トリミングが必要でした。
写真にして初めて分かるのですが、なんだか
モコモコとした感じの可愛い鳥ですね。
春に向かって動物も植物も動き出すので
また木工の時間が食われそうです。
mar.12.2017-2.jpg

mar.12.2017-3.jpg
posted by acanthogobius at 10:42| Comment(0) | 工房だより

2017年02月26日

鏡板の鉋掛け

最近、風の強い日が多いですね。
八街では関東ローム層の赤土が強い風で
舞う砂嵐が有名で、この時期はひどいです。
周囲が真っ赤になって先が見えないことが
あります。幸い私の工房は林に囲まれていて
直接の影響はありませんが、道路には所々
赤土が吹きだまっていて、誤って車で乗り上げると
危険を感じるくらいです。

さて、山桜のチェストが続いています。
先週板矧ぎした鏡板に鉋を掛けました。
この程度の感じですが、引きが重いですね。
水引きした方が良いのかな?
研ぎの問題か、台の問題か分かりません。
調子に乗って框材に鉋を掛けたところ
両逆目に引っかかって、盛大に逆目彫れを
作ってしまって、敢え無く撃沈しました(笑)
feb.25.2017-1.jpg

今回はチェストの脚にテーパーの付くデザイン
としたので、自動鉋に通すテーパー治具を作りました。
昇降盤で使うテーパー治具もありますが、90センチ近い
材なので、安全性を考えて自動鉋を使うことにしました。
feb.25.2017-2.jpg

バンドソーでラフカットしてから治具と一緒に
自動鉋に通します。
加工自体はうまく行きましたが、バンドソーでラフカット
した時点で一本反りが出てしまいました。
内部応力が変化したのが原因でしょうね、戻らない
ようでしたら、だましだまし組み立ててみます。
feb.25.2017-3.jpg

こんな感じのテーパーになりました。
テーパー部分には多分クランプが掛からないので
また治具を作ることになると思います。
feb.25.2017-4.jpg
posted by acanthogobius at 11:11| Comment(0) | 家具製作

2017年02月19日

今日は板矧ぎの日

山桜のチェストに使う鏡板を準備しています。
チェストの側板は上下二分割になっているので
上下左右で4枚の鏡板が必要です。
手持ちの山桜は乾燥の過程で反ってしまって
いて芯の部分で半分に割ったので330ミリ幅の鏡板を作るの
に4枚矧ぎになってしまって結構時間も掛かりました。
特に板目部分は白太も多く歩留まりが悪いですね。
厚みが12ミリほどになりました。
まだまだ続きます。
feb.18,2017-1.jpg


posted by acanthogobius at 19:39| Comment(0) | 家具製作

2017年02月11日

2週間ぶりの工房行き

新しいカメラに使うために望遠レンズを買ったので
早速工房へ持って行って使ってみました。
工房で作業をする合間を見て工房周辺の木に来る
鳥を狙ってみたのですが、木々の間を見え隠れする
小さな鳥を的確に捉えるのは難しいです。
テレ端400ミリのズームレンズでもかなりトリミング
しないと鳥の形が分かりません。
なんとかシジュウカラと識別できました。
単に対象物を大きく捉えるという意味からはフルサイズ機
よりも焦点距離が1.6倍相当の画角になるAPS-C機の方が
有利ですね。次回は古い方のAPS-C機も持ち出して
試してみましょう。
feb.11.2017-1.jpg

山桜のチェストは中々進みませんが
框の一部が出来上がり、鏡板の木取りを進めています。
feb.11.2017-2.jpg
posted by acanthogobius at 22:12| Comment(0) | 家具製作

2017年01月29日

100均クランプ

私はスバルのフォレスターに乗っているのですが
昨年末、リコールのハガキが届きました。
ベアリングに問題があり、ウォーターポンプを
交換する必要があるとのことでした。
1泊2日修理に必要だと言われたので、土曜日しか
持って行けない、代車も貸して欲しいと言ったところ
1月28日まで待たされることになり、工房へ向かう
途中、スバル自動車に車を預けて、代車の軽自動車で
工房へ向かいました。
軽自動車でもちゃんと走るのですが、エンジン能力
いっぱいいっぱいで走っている感じですね。

その軽自動車で工房へ向かう途中、OYA-Gさんの
ブログにあったクランプを探しにダイソーへ寄りました。
有りました、200円の200ミリのクランプ、5本買いました。
ところが、工房へ着いて確認してみると数年前から
使っているダイソーで購入したクランプがやはり
200ミリであったことが判明しました。
OYA-Gさんが使っていた100円の100ミリのクランプ
とは違うようです。
さらに、フトコロは60ミリあり、今回の物より
10ミリ長い、さらにバーも一回り太い物が
使われていました。
いくらで買ったのかは忘れてしまいましたが、多分
200円だったのでしょう。
写真右側2本が今回購入した物、左側3本が
以前から使っている物。
まあ、クランプは多い分には問題ありません。
jan.28.2017-1.jpg

山桜のチェストの続き。
棚口の框を三枚組んだ所で時間切れとなりました。
撮影のために並べてみました。
組むのに力を必要とする場所ではポニークランプを
使うことが多いですが、このような場所では最近
この手のクランプを使っています。
上下左右の直角を調整しながら組むのに、この方が
調整がし易いような気がしています。
jan.28.2017-2.jpg

posted by acanthogobius at 11:24| Comment(2) | 木工生活

2017年01月22日

寒い日が続きます

関東地方は冬晴れが続いていますが
時々通過する南岸低気圧には毎年悩まされます。
交通機関が雪に弱いですからね。
今年もまだ何回か悩まされるのかな。
そんな南岸低気圧が金曜日に通過し
雪が降りましたが、土曜日まで残ることは
無く、工房へ向かいました。

制作中の山桜のチェスト。
木取りした框材を手押し鉋、自動鉋を
通します。
各面の直角を気にしながらで、本数も
あるので、結構時間が掛かりました。
超仕上げ鉋を通してからホゾを作りました。
変わりばえしない写真が続きますが
今日はそんなとこ。
jan.21.2017-1.jpg
posted by acanthogobius at 09:47| Comment(3) | 家具製作