2017年10月09日

今年も展示会を終える事が出来ました

もう10年以上続けている「印旛の家ギャラリー」での
展示会が今年も終わりました。
その間、私の生活環境も変わり、木工の参加メンバーも
変わって来ました。
結局今年は木工の参加は私一人になってしまいましたが
私生活でも色々と制約が多い中、ギャラリーの主人の
助けもあり、何とか無事終了する事が出来ました。
ちょっとホッとしているこの時期ですが、次へ向けての
計画を練りたいと思っています。
oct.9.2017-1.jpg

さて、話題が変わりますが、iMacを更新しました。
前のモデルは2011ですので6年間使って来ました。
特に不具合は無かったのですが、OSをSierraに更新してから
CPUの問題か、メモリーの問題か、やはり少し動きがモッサリ
した感じになりました。
ニューモデルが発売されたこともあり、更新を決断した次第です。
同じく21.5インチモデルです。
タイムマシンからのデーター移行は問題無く済みましたが
ソフトによっては再度ライセンス認証が必要だったりで
通常通り使えるようになるには、もう少し掛かりそうです。
oct.9.2017-2.jpg
posted by acanthogobius at 19:52| Comment(0) | 木工生活

2017年09月17日

今年は一人になってしまいました

ご無沙汰していました。
工房には毎週行っていましたが、展示会の準備
などをしていました。
今年も「印旛の家ギャラリー」の展示会に出展
することにしましたが、色々と事情があって
今回、木工は私一人だけとなってしまいました。
点数もそれほど多くないので、隅をちょっと借りる
感じでしょうか。
一応ご案内しておきます。
平成29年印旛の家ギャラリー案内葉書.jpeg

平成29年印旛の家ギャラリー案内葉書裏.jpeg

昆虫達の季節も終わりに近づいています。
これまでの昆虫を紹介しておきます。
イチモンジチョウ
アゲハチョウより少し小さい感じ。
sep.17.2017-2.jpg

ミルンヤンマ
ヤンマの仲間なので大きなトンボですが
オニヤンマより小さい。
写真のように枝先に止まっていることが多く
撮影はし易いです。
sep.17.2017-1.jpg
posted by acanthogobius at 19:42| Comment(2) | お知らせ

2017年08月16日

突然ですが山桜チェスト完成です

梅雨の期間中ほとんど雨が降らなかった
関東地方ですが、それを取り戻すかのように
天気の悪い今日この頃です。
山の日とやらの休日ができたおかげで
今年のお盆休みは6連休になりました。
皆が一斉に休む必要は無いと思うのですが
日本人の悲しい性でしょうか。

連休中三日間工房に通ってチェストを完成させました。
山桜はやはり所々黒い斑点状の傷があって、なかなか
無傷の材は少ないですが、まあその辺を無垢材の味として
理解していただける方がいるかどうか。
aug.15.2017-1.jpg

今週の昆虫達です。
シオカラトンボ
雨が降っていて翅が少し濡れています。
aug.15.2017-2.jpg

オスグロトモエまたはハグルマトモエという蛾の一種
区別はなかなか難しいようですが、翅の両側にある
目玉のような模様が漢字の巴の字に見えるところから
名前が付いたようです。
aug.15.2017-3.jpg
posted by acanthogobius at 22:47| Comment(0) | 家具製作

2017年07月30日

今週は昆虫ネタ

今更梅雨に戻ったような天気が続きます。
曇りで湿度が高く気分が良く無いですね。
チェストは引き出しの制作に取り掛かりましたが
記事にできるような写真がありませんでした。

先週ノコギリクワガタのいたクヌギの木に
今週はカブトムシがいました。
昆虫達がいるのはクヌギの木だけです。
クワガタはどこへ行ったのでしょう?
この木の近くに手押し鉋や自動鉋から出た
鉋クズを捨てる場所があるので、多分カブトムシの
幼虫はその中で育っているのだろうと思います。
そして、なぜか一年置きに昆虫達が多い年と
少ない年を繰り返しているようです。
今年は多い年です。
jul.29.2017-1.jpg

少しツノが小さいカブトムシ
jul.29.2017-2.jpg

アゲハチョウと同じ位の大きさの蝶を見つけて
撮影してみました。
桂の葉に止まっていましたが一見すると一昨年
このブログで紹介したゴマダラチョウに似ています。
しかし良く見ると翅の後ろの所に赤い斑点があります。
ネットで調べて見るとアカボシゴマダラで中国から
人為的に持ち込まれた物が最近関東地方で増えている
種類であることが判明しました。
蝶の外来種だったということです。
これも写真撮影してみないと飛んでいるだけでは
分からないですね。
jul.29.2017-3.jpg

同じ蝶がクヌギの木に止まっています。
周りにカブトムシがいて、どうもここに
樹液が出る場所があるようです。
jul.29.2017-4.jpg
posted by acanthogobius at 22:07| Comment(0) | 工房だより

2017年07月23日

梅雨明けとともに昆虫達の季節

今年は、特に関東では雨の少ない梅雨でしたが
それでも梅雨明けが分かっているかのように
工房の周辺の昆虫達が元気です。
私は昼間の観察しかできないので夜の事は
良く分かりませんが、毎年カブトムシよりも
少し早くノコギリクワガタが現れます。
で、この時期は恋の季節のようです。
jul.22.2017-2.jpg

ところが、同じクヌギの木にこんなクワガタが
現れました。
一見、違う種類のクワガタのようですが、調べてみると
同じノコギリクワガタの小歯タイプのようです。
このクワガタが成長して上記のような大きなツノ(顎)
を持ったクワガタになる事は無いので、多分この状態で
一生を終えるのでしょう。
どのようなメカニズムでこういう個体が出現し、そこに
どのような意味があるのか興味深いです。
自然の不思議というところでしょうか。
jul.22.2017-5.jpg

こちらはキタテハのようです。
高い木の上で翅を開いたり、閉じたりするので
シャッターチャンスが難しいです。
jul.22.2017-3.jpg

さて、本題のチェストは引き出しの材の木取りです。
上に乗っている6枚が山桜の引き出し前板。
下の材が側板と向こう板に使う桂の材。
切ったり削ったりした事で、材が動き始めるので
このまま安定するまで待ち、次回最終的に平らな板に
仕上げます。
jul.22.2017-4.jpg
posted by acanthogobius at 20:41| Comment(2) | 家具製作

2017年07月17日

今年は梅雨が無いな

暑い日が続きます。
千葉は高い山が無く、夕立も期待できないので
ここの所ほとんど雨が降っていません。
今年は空梅雨ですね。

2週間ぶりの工房だったので、最近植えた植物は
元気が無かったので、沢山水を与えておきました。
そんな中、いつものムクゲが咲きました。
今年はちょっと花が小さいかな。
jul.15.2017-1.jpg

山桜のチェストの組み立ての続きです。
14個のホゾを一気に組まないとならないので
いつもこんな事になってしまいます。
気温が高く、タイトボンドIIIは10分ほどで硬化が
始まるので、時間との戦いですが、今回も破綻無く
組み上がりました。
プレス機があれば良いのですが私の工房には
無理なので、これで良しとしましょう。
jul.15.2017-2.jpg

とりあえず本体が出来上がりました。
この後、細かい所の目違いを払ってから
一部サンディングをしてから天板を取り付け
引き出しの制作へと進みます。
jul.15.2017-3.jpg
posted by acanthogobius at 10:10| Comment(0) | 家具製作

2017年07月02日

今年も半分終了

今年はヤマモモが豊作です。
2、3個つまんで食べて見ましたが
やはりヤニ臭く中々消費できません。
このまま落ちてしまうのでしょう。
年によって実の付き方が全然違うので
興味深いですね。
100円玉ほどの綺麗な実です。
jul.1.2017-1.jpg

さて、山桜のチェストはやっと組み立てに掛かりました。
いつもと同じ写真ですが、鏡板の入った側框に棚口の框を
植え付けて行きます。
本当に植え付けるという表現が相応しい感じで
一枚づつホゾ組みします。
次回は裏板を入れながら、もう一枚の側框を
組み上げます。
jul.1.2017-2.jpg
posted by acanthogobius at 20:59| Comment(0) | 家具製作

2017年06月25日

木工の時間が少ない日

梅雨の晴れ間というか、梅雨入り後あまり
雨は降っていませんが、晴天で結構暑い中
工房に向かいました。
前日、通販で購入した植木が届いたので
暑い中植え付け作業をしました。
今度はブラックベリーです。
結構大きな苗で、既に実が沢山付いています。
黒く熟した物を食べて見ましたが、種が大きく
ジャム向きの感じです。本格的な収穫は来年だと思います。
jun.24.2017-1.jpg

午前中、ブラックベリーの植え付けが終わって
午後からチェストの木工作業です。
やっと側面の框が出来上がりました。
jun.24.2017-2.jpg

工房の近くに喜三郎さんという古民家を使った
ギャラリーがあります。
木工仲間の佐々木さんの紹介で6月22日から24日まで
佐々木さんの作品と一緒に私の作品も2点ほど展示させて
いただきました。黒柿の小引き出しと掛け時計です。
24日は最終日でしたので、夕方残った作品の引き取りに
出向きました。会場の雰囲気をお伝えしておきます。
jun.24.2017-3.jpg

いちはらさんの小物作品。
針葉樹を使った小物を作られているそうです。
jun.24.2017-4.jpg

他にも色々な作品が所狭しと展示されていました。
jun.24.2017-5.jpg
posted by acanthogobius at 10:47| Comment(0) | 木工生活

2017年06月11日

庭の収穫

出直しのチェスト、鏡板の仕上げに掛かっています。
鉋掛け、サンディング、水拭き、サンディング
をしています。
組み立てまでもう少し掛かります。
jun.10.2017-2.jpg

千葉県は梅雨に入っても雨が降っていません。
この春植えた植物が気になるところで
1週間ぶりで水を与えるのですが、水が
切れ掛かっていました。
そんな中、ささやかな収穫がありました。
この春、植えたばかりの3本のマルベリーの
一本が実を付けました。
黒く熟した実を二つほど味見しましたが
まあ、ほのかな甘み、というところでしょうか。
jun.10.2017-1.jpg
posted by acanthogobius at 19:58| Comment(2) | 家具製作

2017年06月04日

小林広司 作品展

工房作業の方は少しずつ進んでいますが
記事に出来るほどの進捗がありませんでした。

6月2日金曜日の昼休みに仕事を抜けて
松屋銀座で行われている作品展に行って来ましたので
その報告です。
20年以上前、オークヴィレッジのセミナーに参加していた
頃、ご一緒した小林広司さんが、その後、木の車を作って
それを仕事にされているのを知ったのは数年前でした。
今回、松屋銀座で5月31日から6月5日まで行われている
作品展の案内葉書を頂いたので、拝見して来ました。

7階の座のステージというスペースに30台位の木の車が
並べらていて、小林さんが常駐されていました。
小さい物で12−13センチ、大きな物は30センチ以上
あるでしょうか。
もう既に売約済みのシールの貼られた作品も多くありました。
以前から1台は欲しいと思っていたのですが、小林さんと
しばらくお話をさせていただき、ミニモデルが欲しいと
話した所、ミニモデルは2台あるので、持ち帰りいただいて
構わないということでしたので購入して持ち帰りました。
因みに、¥38,000(税抜き)でした。
こちらが小林さんのブログです。

購入したミニモデルの写真を紹介しておきます。
大きさは約15センチ、ボディの材はケヤキ。
全体が分かり易いのこの写真ですね。
見た目良く出来ているのはもちろんですが
手に持った時の感触が秀逸ですね。
これは、私が普段作っている家具では得られない感覚です。
決して安くはありませんが、購入して良かったと思います。
jun.3.2017-1.jpg

でも、一番格好良く見えるのは、やはりこのアングルですね。
jun.3.2017-5.jpg

前、後、斜め後のアングルも紹介しておきます。
jun.3.2017-2.jpg

jun.3.2017-4.jpg

jun.3.2017-3.jpg

posted by acanthogobius at 15:03| Comment(2) | 木工生活